自由気ままに〜Wine Life🍷〜

ワインのテイスティングコメントはどこのサイトを見ても、大抵同じコメントの使い回しでつまらない。だから私はワインの感想やお料理との相性を、自分が感じたままに、自分の言葉で綴ります。

おでんとノン・ドサージュのシャンパーニュ

【おでん】に合わせるには【ノン・ドサージュシャンパーニュ】がおすすめ!


優しいお出汁の関西おでんにはノン・ドサージュのシャンパーニュがおすすめです。フルーティで甘みのあるスパークリングワインでは、せっかくの繊細なお出汁が台無し。その点ノン・ドサージュだと余計な甘みはなく、ドライでキレのある酸がお出汁のしゅんだネタ、ひとつひとつを引き立たせてくれます。


私はアイ村のシャンパーニュが好きで、ノン・ドサージュだと《AYALA Brut Nature 》がお気に入りです。

 

寒〜い日の夜、熱々おでんと《AYALA Brut Nature 》で、〝おでシャン〟を是非楽しんで欲しいです😊


(白/アランジョフロワ シャブリ)

f:id:hrm628:20180217191843j:imagef:id:hrm628:20180217191846j:image

ギョウシャンはロゼで!

🥟ギョウシャン🥂パーティー@お家🏠

〝ギョウシャン〟は普通のシャンパーニュと合わせることが多いのですが、私はギョウシャン=絶対ロゼ派!

という訳で
合わせたシャンパーニュ

《モエ ロゼ アンペリアル》

色合いはかなり濃い目のピンクです。それはかわいい系ではなく、キリッと赤い口紅を塗った、カッコいい系、大人な女性を想わせる色でした。

それとは裏腹に、香りから連想するのは〝イチゴ味の綿菓子〟イチゴは完熟に近いもので、旨味ジュワッ、を想わせるものです。それプラスふわっと包み込んでくれる柔らかい甘香。こちらはチャーミングで、まさに女の子って感じのイメージ

口に含んだ第一印象は泡が優しいこと。シュワシュワというより、これも綿菓子みないに、ふわふわっとした感覚でした。味わいも(ぶどうのお酒なのに不思議だなぁと思うけど、本当に)イチゴの味がします。それも香りと同じく、酸味の少ない完熟イチゴ。このイチゴを想わせる甘酸っぱいテイストが主人公なのですが、最後の最後に、グレープフルーツの爽やかな酸と苦味がパッと現れて驚かせてくれます。彼女はそんな茶目っ気もある、魅力的な女の子でした。


餃子は飽きずにたくさん食べられるようにと、ニラやニンニクを入れずに玉ネギとズッキーニで優しめテイストに。ワイン調にしようと粉チーズや白ワイン、アンチョビなどで味付けしました。

タレは①お醤油ベースのパクチーだれと②トマトソースを用意

①酸味はレモン果汁とグレープフルーツ果汁を使ったのですが、前述のとおりグレープフレーツの出現もあり、相性バッチリ。パクチーは独特のミンチ臭さを消してくれるし、イチゴの甘酸っぱい香り&テイストともとても良く合いました。

②生のトマトではなくトマトソースにする事によって、甘みやクコが強まり、完熟イチゴの旨みジュワッと感とぴったりでした。

私も友達も、①②の〝ダブルつけ〟が一番美味しいね!と。次回は①のパクチーだれにドライトマトを入れてみよう😊❣️

f:id:hrm628:20180215221148j:imagef:id:hrm628:20180215221154j:image

お肉とガティノワ

焼き肉❣️

ここのお肉、
ホントに美味しいの😋

難波 は〝炭火焼肉 弁慶〟さん

シェフさんがこだわり抜いて
厳選されるお肉はどれも絶品で
なかでも、

🐃ローストビーフ
🐃厚切り塩タン
🐃特選ヒレ肉

がお決まりコース


久しぶりに頂くシャンパーニュ《ガティノワ》は、ワインを勉強し始めた頃初めて好きになったメゾン。だから私にとっては、すごく思い入れのあるシャンパーニュです。


《ガティノワ》
グランクリュ〝アイ村〟のRM
ピノ主体(約10%シャルドネ)で、ラズベリーやストロベリーの様な〝甘酸っぱさ〟を連想させる、可愛らしい系の香り。それでいて、思った以上にエッジの効いた酸が攻めてくる。グッとくる力強さの後からも、とてもエレガントなフィネスを感じさせてくれる素晴らしいシャンパーニュです。

f:id:hrm628:20180214135856j:imagef:id:hrm628:20180214135859j:image

《レナセール’09》
アルゼンチン/マルベック

f:id:hrm628:20180214135901j:imagef:id:hrm628:20180214135903j:image


天/地/人

「今年のwine lifeはシャンパーニュとルーデュモンにチャレンジ!」

と意気込んでいた矢先に
プロフェッショナル仕事の流儀
【仲田晃司氏】

今や日本中のwine loversが注目する造り手さんですね。


《ルーデュモン
ブルゴーニュ ブラン’13》

▪️色合い
透明感と光沢のある、
少し濃い目のレモンイエロー

▪️香り
一番手にやって来たのは蜂蜜の香り、それも〝アカシア〟の蜂蜜で、さらっとした甘味を想像させるものでした。

追っての二番手がミネラル香です。この子が実におもしろい。というのも、彼が一緒に連れて来たのは、〝冷涼感〟を通り越して、ブルッ😵💦と身震いしそうな程の〝寒さ〟や〝冷たさ〟感じさせる香りでした。

彼らから連想するのは、
冷たーーーーいコンクリート

なんやったかなぁ、この感じ...

そう、鉄筋コンクリートの校舎の匂い!ホコリっぽいニュアンスもあって、体育館とかも想像しました。もっと言うと、今みたいな寒〜い冬の夕方に、部活を終えて帰ってきた兄の〝学ラン〟の匂い とか

▪️味わいはというと、
「酸に始まり酸に終わる」というぐらいに酸の印象が強かったです。時間とともに少ーしは丸くなった印象ですが、それでもやっぱり酸、酸、酸...『2017年Best of SAN』に選んだゴッセ グラン レゼルヴ の〝きゅんきゅんリンゴ酸〟とはまるで違い、もっとズキュンと一点を刺すようなイメージ↘︎.です。少し刺々しくも感じられました。

果実味乏しく余韻短し。広がりも感じられず、あまり好みのワインではなかったかなぁ...


『LOU DUMONT』世界に冠たるドメーヌへの飛躍に向けて、今後を多いに期待します。

f:id:hrm628:20180213104011j:imagef:id:hrm628:20180213104012j:imagef:id:hrm628:20180213104015j:imagef:id:hrm628:20180213104016j:image

私の《Wine Life 2018》

〝家全七福酒家〟さん🍴
惜しまれ閉店したこの名店、
実はリニューアルしていた!

という訳で、
少し前になりますが、新年早々にお邪魔しました。

大好きな飲茶の数々
どれも本当に美味しかったです😋

飲茶とシャンパーニュのマリアージュ
存分に楽しませて頂きました。


《ミッシェル・アルノー
モンターニュドランス北東のグランクリュ「ヴェルズネ」村。そこのピノノワールだけで造られたブランドノワールです。そのブドウのポテンシャルの高さから、ノンドサージュで瓶詰めされているそうです。


完全に溶け込んだ泡はグラスの中では殆ど見えず、それは口に含んだとたんに生き生きと感じられます。とてもクリーミーな質感で柔らかく、口いっぱいに広がりました。繊細な酸と、ピノならでは濃厚なコク/力強さ/果実味のボリューム感のバランスが素晴らしく、これぞヴェルズネのシャンパーニュと言うべく一本だと思いました。


今年はこの〝Champagne 〟をどこまで極められるか。探究心を持って、美味しく楽しく2018年Wine Lifeを送りたいと思います😊

 

f:id:hrm628:20180212133721j:imagef:id:hrm628:20180212133725j:imagef:id:hrm628:20180212133738j:imagef:id:hrm628:20180212133741j:imagef:id:hrm628:20180212133745j:image

鴨のコンフィとボルドーの赤!

🇫🇷Bistro Hiro の

《ペアリング講座》〜ワイン初心者の方へ😊

〝鴨のコンフィ〟に合わせるには
絶対〝ボルドーの赤〟がオススメ❗️

なかでも、カベルネソーヴィニヨンとメルローが半分ずつブレンドされたものが理想的です。なぜなら、カベルネソーヴィニヨンは強いタンニン(渋み)が特徴ですが、メルロー特有の濃厚な果実味と瑞々しさがプラスされることによって、カベルネソーヴィニヨンの力強い骨格を残しつつも、滑らかで柔らかいテイストになるからです。だから、外はパリッと香ばしくて、中はしっとり、少し野性的な旨味の鴨のコンフィと相性ぴったりなのです。

そんな理想的なワインが【オー・メドック・ド・ジスクール】しかも2,000円代でこのクオリティ!!こんなワイン他にありません。

鴨のコンフィを召し上がる際は
【オー・メド ック・ド・ジスクール】
是非、試してみて下さいね😋

 


ちなみに今回の鴨のコンフィ🦆
カナール(鴨の雄)ではなく、キャネット(小鴨の雌)で仕込みました。小ぶりで臭みが少なく繊細なお味、身質も柔らかいのでこちらの方が私は好きです。鴨が苦手な方にも一度トライしてみて欲しいです。

f:id:hrm628:20180211173320j:imagef:id:hrm628:20180211173331j:image

はじめに

こんにちは!

初めての投稿です。

 

フェイスブックやインスタグラム、他のところでブログをやっていますが、ここではワイン&シャンパーニュのことに限って綴っていこうかな、と思います。

 

教科書的には間違い😱❗️

 

だったり、プロのソムリエさんが読んだら

 

「何言ってんの⁉️!」

 

と言われるかもしれない内容ですが、自分が感じたワインの印象やお料理との相性など、自分の言葉で綴っていきたいなと思います。

 

どうぞ宜しくお願いします😊