未知なるマリアージュの世界へようこそ!

私の超オススメワインをご紹介します🥂🍷✨

天然酵母 × ラドワ

ワインの発酵に欠かせないのは、なんといっても〝酵母〟の存在です。

 

酵母とは微生物のこと。その微生物がぶどう果汁に含まれる糖をエサとして食べ、アルコールと二酸化炭素を発生させます。

 

これがいわゆるアルコール発酵で、この酵母の働きなしにワインは生まれません。


ルー・デュモンの仲田晃司さんには、この発酵を〝天然酵母〟だけで行うという拘りがあります。

天然酵母はぶどうの果皮に付着している自然の酵母のことで、培養酵母とは違い、安定した発酵が行えません。多くの醸造家が敬遠する醸造法ともいえます。


ルー・デュモンの中でも、天然酵母が造り出す〝自然の恵み〟を存分に感じられるのが『ラドワ ルージュ2013』

 

ラドワとは村の名前で、ラドワ村の複数の区画(ラドワ ルージュの場合は〝レ・トップ・コワフェ〟と〝ラ・モール〟の2区画)から獲れたぶどうをブレンドして造ります。


新芽の青々しい香り、少しじとっとした湿っぽさ、鮮やかな緑を彷彿とさせる若々しさに、太陽の温もり&日向臭さをも感じる...

 

このワインから連想するは
〝雨上がり、春の新緑🌿〟でした。


まさにこれからの季節にオススメしたい1本です。


ただ惜しむらくは、「ラドワ」のワインは日本やアメリカでもほとんど流通しておらず、欧州であってもパリやブルゴーニュの一部のレストランでしか見かけないことです。


天然酵母 × ラドワ」となると更に稀少性が高くなるので、『ルー・デュモン/ラドワ ルージュ2013』と出会した際は是非お味見してみて下さい😉🍷✨

f:id:hrm628:20180324221301j:image