未知なるマリアージュの世界へようこそ!

私の超オススメワインをご紹介します🥂🍷✨

NVシャンパーニュの〝粋な〟楽しみ方 その5

〝マニアック〟かもしれませんが、NVシャンパーニュの新旧エチケットを飲み比べるのがわたしのお気に入り。早期に楽しむことが一般的なNVシャンパーニュ。メゾンをも想定できない、すばらしい熟成ボトルに出会うことがあります。

 

いうまでもなく、世に流通しているNVシャンパーニュは、生産年を特定するのが困難。しかし《ブルーノ・パイヤール》のNVは、容易に知ることができます。なぜならブルーノ・パイヤールは、NVをふくむすべてのボトルにデゴルジュマンを施した年月を記載しているからです。デゴルジュマンとは「澱(おり)引き」。瓶内二次発酵をおえたボトル内に浮遊する、酵母の残骸(=澱)をとりのぞく工程です。その後、数ヶ月カーヴで休ませ出荷となります。

 

今夜の《ブリュット・プルミエール・キュヴェ》がそのNV。黄金色にかがやく旧エチケット品は、2008年1月デゴルジュマン。きわめて微細な泡に、黒もろみ酢のような複雑な香り。熟成由来のエレガントな酸と、デーツシロップのような上品な甘味が融合しています。〝芳醇〟とは、まさにこのこと。鮨の「昆布じめ熟成鯛」と合わないはずがありません。対して、あわい黄色の現行品は2015年12月デゴルジュマン。勢いのある泡、芳ばしいクロワッサン香。力づよい旨味のあとを、絶妙にまろやかになった酸が追いかけます。鮨の「車海老」とみごとに調和。濃厚な海老の甘味がきわだちます。

 

メゾンの当主「ブルーノ・パイヤール」氏は、ラインナップすべてのボトルにデゴルジュマン年月(日)を記載した第一人者。彼にならい、NVにまでデゴルジュマンを標記する生産者が徐々に増加しています。もしかすると〝早期に楽しむべき〟というNVシャンパーニュの概念が、変わりつつあるのかもしれません🥂✨

f:id:hrm628:20220120041815j:image

エチケットが青いわけ

シャンパーニュのエチケット。その色合いはシックなものからきらびやかなゴールドまで、じつに多彩です。ところがなぜか〝ブルー系〟のエチケットはきわめて稀。ましてやターコイズ・ブルーなど、わたしの知る限りでは《ロイヤル・リヴィエラ》のみ。おそらく自然界に青い食べ物が僅少であるため、ブルーカラーに違和感をいだくひとが少なくないからでしょう。おなじ理由から、飲食店の看板もブルー系は敬遠されがちです。

 

そんなロイヤル・リヴィエラは、地中海に面した高級リゾート地「モナコ」を代表するシャンパーニュ。ゆえに、青い空と海に調和するターコイズ・ブルーがコンセプトカラー。勢いのある泡、りんごの香りとパンド・ミーのようなやさしい酵母香。そして、すこし甘みを感じる果実味とさわやかな酸。まさにリゾートホテルで海を眺めながらいただきたい一本です。魚介類が豊富なモナコ。鮨と合わないはずがありません。豪快な「有頭エビ」なら甘い身と調和し、濃厚なミソは旨味をいっそう際立たせます。

 

メゾン曰く、「『海のそばで過ごす贅沢なひととき』だけでなく、『海洋保護』をも体現するシャンパーニュでありたい」。ウェブサイトでは、環境をテーマにしたコラムも積極的に発信されています。リスク承知でブルーエチケットをまとうロイヤル・リヴィエラ。その志のたかさに敬意と称賛を送ります🥂✨

f:id:hrm628:20220115104817j:image

「特上」にはヴィンテージ

うな重や鮨の盛り合わせにある、「並」「上」「特上」。なにが異なるのでしょうか。一般的には、うな重は鰻の量、鮨はタネの種類・品質・稀少性などが異なります。たとえば「並折」には玉子や赤身、「特上折」には数の子や大トロなどが握られます。うな重と鮨両者に共通して言えるのは、体感的な〝旨味のつよさ〟が、並<上<特上であるということ。

 

きょうは盛り合わせを鮨を、お気に入りのRM、《クリスチャン・エティエンヌ》とともに愉しみます。スタンダードの《ブリュット・キュヴェ・トラディシオンNV》はりんごのような、おだやかな酸とやさしい果実味。まろやかな「いか」の甘みと、とてもよく調和します。一方、レモンなどの柑橘類を連想させる《エクストラブリュット・ミレジメ2010》。ゆたなか酵母の風味が厚みとコクをもたらし、濃厚なウニの旨みがさらに助長されるかのよう。

 

毎年、味の均質化のため、複数年のワインをブレンドしてつくるNV。対して、秀作年にのみ、その年のぶどうだけを使ってつくるヴィンテージ・シャンパーニュ。とりわけ高品質なぶどうが使用されるため、総じて旨味のつよい味わい。特上料理とヴィンテージ・シャンパーニュ。旨味のつよいもの同士がおりなす〝極上〟マリアージュをぜひ、お試しくださいね🥂✨

f:id:hrm628:20220110041035j:image

 

まるで〝シャブリ〟のようなシャンパーニュ

英国王室御用達のシャンパーニュメゾン《ポール・ダンジャン》。そのラインナップのひとつである《フェ・ド・シェーヌ》は、じつに個性的なブラン・ド・ブランです。ブラン・ド・ブランとは、シャルドネ100%のシャンパーニュ。エッジのきいた酸とシャルドネ特有の繊細なフィネスが特徴です。

 

8ヶ月間フレンチオーク樽で熟成させた《フェ・ド・シェーヌ2010》は、なかは筋金入りの強固な味わい。対して、外はとろとろの蜂蜜で覆われているようなイメージ。こんな個性的な〝シャンパーニュ〟にわたしは出会ったことがありません。しかし〝白ワイン〟としては覚えのある味。そう、このフェ・ド・シェーヌはブルゴーニュの「グランクリュ・シャブリ」を彷彿とさせるシャンパーニュグランクリュ・シャブリの多くは、濃厚で凝縮感ある旨味が、南国フルーツのような濃密な甘味とリッチな樽香で覆われています。

 

シャブリとシャンパーニュ。一見まったく別物のようですが、シャブリはシャンパーニュ地方にほど近いシャルドネの銘醸地。フェ・ド・シェーヌのようにシャルドネ100%のシャンパーニュであれば、共通する部分があっても不思議ではありません。まるで〝シャブリ〟のようなシャンパーニュ。それゆえ「帆立のグリル、青りんご添え」のような、貝の旨味とフルーツの甘みが融合した料理にあわせると、よりいっそう楽しめます🥂✨

f:id:hrm628:20220105041840j:image

 

すしの名脇役

鮨には欠かせない、わさび。ぴりっとした辛みで魚の旨味を引き立てます。本わさびの魅力は、さわやかな香りと品ある辛さ。そしてあとに残る独特の甘み。ときに、しょう油をつけず、わさびだけで鮨を食すのも楽しみ方のひとつです。おすすめのタネは「うなぎの白焼き」。うなぎ本来の旨味を味わう白焼きは、わさびとの相性、抜群です。

 

合わせるシャンパーニュは、《ロジェ・バルニエ》の白とロゼ。ともにふくよかで、やさしい味わい。本わさびの繊細な風味を損なわず、余韻の甘みとも調和します。リンゴやハチミツレモンが香る《キュヴェ・セレクション》は、わさびとともに、うなぎの濃厚な甘みを引き立てます。また、焦げ香きわだつ《キュヴェ・ロゼ》は、白焼きの芳ばしさを助長。わさびのツンとした辛みも相まって、食欲が一層かきたてられるのです。

 

風味ゆたかな本わさび。しょう油にとくと、せっかくの香味がとんでしまい台無しです。ぜひ、刺身に添えてお召し上がりくださいね。ワイン同様、わさびは魚を引き立てる〝名脇役〟。わたしにとってどちらも必須アイテムです🥂✨

f:id:hrm628:20211230105736j:image

 

焼肉とワイン

ビールやチューハイにくらべると「ワイン」を日常的に楽しむひとは、そう多くありません。国税庁の統計によると、2019年度の酒類小売数量のうち、「ビール」と「発泡酒」がしめる割合は34.5%、缶チューハイハイボールなどの「リキュール」は30%です。対してワインの「果実酒」は4.1%という低さ。〝格式高い〟というイメージが先行し、ワインと聞いただけで身構えてしまうのではないでしょうか。

 

そんな方にこそ飲んでほしいワインが、《フェヴレイ》という生産者がつくる《メルキュレ》村のワイン。軽やかで、どこか〝ひとなつっこさ〟を覚える味わい。肩ひじ張らず、ぜひ焼肉と一緒にお楽しみください。今回の2017年ヴィンテージは、メゾンが4-8年の熟成期間を推奨。まさに旬を迎えるメルキュレです。《ラ・フランボワジエール》という畑のワインは、クランベリーやイチゴの香りにジューシーな果実味。淡泊なホルモン「ミノ」が甘みを増したかのように昇華します。また一級畑の《クロ・デ・ミグラン》は、なめし皮や生肉を想わせる芳香。前者より濃厚で、若干渋みをつよく感じます。こちらは牛ならでの凝縮感ある旨味、「ハラミ」にぴったり。

 

フェヴレイは生産銘柄がとりわけ豊富。ワイン初心者にもやさしいワインが多くラインナップされています。《メルキュレ》でワインに興味をもった方は、ぜひ、ほかの銘柄にもチャレンジしてみてくださいね🍷

f:id:hrm628:20211225041112j:image

 

シャンパーニュにも〝デキャンタージュ〟

「デキャンタージュ」とは、ワインを別の容器(デキャンタ)に移し替えること。空気に触れることで潜在的な香味が引き出され、ワイン本来の魅力を発揮します。赤ワインに施すことが一般的ですが、《ラリエ》という生産者は、自身のシャンパーニュにデキャンタージュを推奨しています。メゾン曰く「〝シャンパーニュ〟である前に〝ワイン〟。ミレジメやプレスティージュ・キュヴェはデキャンタージュすることでポテンシャルが開花する」。

 

たしかに《グラン・クリュ・オヴラージュ》の未熟な青りんごの香りが、デキャンタージュをすると、バターたっぷり焼きたてのアップルパイの芳香に。また、ブリュット・ナチュールの《R012N》は、酸が丸みを帯び、厚みとコクが増したかのように変化します。デキャンタージュ前をアペリティフ、デキャンタージュ後を食中酒として楽しむのがわたしのお気に入り。

 

シャンパーニュの楽しみ方が広がる〝デキャンタージュ〟。メゾン推奨は、いただく15分前に、あらかじめ冷やしておいたデキャンタへの移し替え。状況が許さない場合は、フルート型ではなく通常のワイングラスに注ぎ、スワリングさせることで近い効果が得られます。ぜひ一度おためしくださいね。

f:id:hrm628:20211220041349j:image